« つけてみそかけてみそ(BlogPet) | Main | 新着 »

Apr 10, 2005

第12話「むかーしむかし」

今回はむかーしむかしのおはなし。
あらすじやツッコミは↓。

第12話「むかーしむかし」
木の下で遊んでいるモリゾーとキッコロ。キッコロが何かお話ししてとおねだりをすると、モリゾーはむかし話をはじめました。ところが途中でモリゾーは寝てしまい、しかたなくキッコロはひとりで森の中を歩いていきます。「むかーしむかしもこの木はあったのかな……むかーしむかしもあの雲はあったのかな……むかーしむかし……」すると急に霧が立ちこめてきて、あたりは真っ白になってしまいました。「わーい海みたい」霧をかきわけて遊んでいると、何かの影が横切りました。「なあに?」たくさんの影がやってきます。魚のように泳ぐもの、鳥のように飛んでるもの、大地を踏みしめて歩いているもの。それはキッコロの目の前を横切って森の奥へと消えていきました。それを見送ったキッコロの背後からまた影がやってきましたが、それはモリゾーの影でした。気がつくと霧は晴れていたのです。きっと森が「むかーしむかし」のことをキッコロに見せてくれたのでしょう。


霧に浮かぶ昔の生き物たちの影。モリゾーより遙か昔に生きていたものもいたでしょう。森はキッコロにむかしむかしのことを知ってもらいたかったのかな。そういえば立ちこめた霧を海みたいだとキッコロは言っていたけど、たしか海を見たのは虹の上からだったはず。あのあと海を見に行ったのかな。

|

« つけてみそかけてみそ(BlogPet) | Main | 新着 »

Comments

森が霧に包まれる→モリじいが登場という部分は
絵本「もりのこえ」を意識して取りいれたのかなーと
思いました。
第1シリーズの12話&26話でもキッコロは幻想的な中に
昔の生き物を見ていました。不思議なパワーの持ち主!

Posted by: mic | Apr 10, 2005 at 23:09

>micさま
海上の森は昔の記憶を持ってるんですね。モリゾーは長老だから知識として知ってるけど、キッコロはこどもだから純粋な心を持っていて、本人が意識しないうちに見ちゃったりするのかも。

Posted by: ハコネコ | Apr 11, 2005 at 18:16

ふ~ん

Posted by: | Apr 12, 2005 at 14:49

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37436/3642217

Listed below are links to weblogs that reference 第12話「むかーしむかし」:

« つけてみそかけてみそ(BlogPet) | Main | 新着 »