« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

2004/07/31

闇に浮かぶ白い影

ココログのトラックバック野郎の新しいお題が「ヒヤッと涼しくなる話」だそうで。夏らしくていいお題です。
自分の数少ない思い出の中からひとつ。お題に沿った話かどうかはわかりませんけど。しかもタイトルにいつわりありですよ。

独身時代でまだ実家にいたころの話。実家のつくりは二階にリビング、両親の部屋などがあり、1階に私の部屋がありました。
ある夜のこと、就寝するために階段を降りかけていたところ、明かりとりの窓に白いものが見えました。それはなにか布のようなひらひらとした感じで、あえて言えばシーツに近いものでした。それはふわりと窓に張り付きそしてまた見えなくなりました。そのときの私は隣家の洗濯物でも風に煽られたのだろうと思って気にもとめなかったのですが……。
翌日弟の部屋(2階、階段脇にある)に用がありついでに窓の外を覗いたのです。そこには物干しもなにもなくてただ隣家の壁があるだけでした。じゃああの白いものはなんだったの――? まさか経帷子の白い袖とか……ああ怖い。などとあれやこれや考えて行き着いたのは……一反木綿。幽霊より一反木綿のほうが全然怖くないじゃん! などとわけのわからない理屈で納得したのでした。いや妖怪だって十分怖いと思うのですけどね。
でもほんとのところあれはなんだったのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

満腹なり

昨夜は夕飯は適当に済ましてしまったので、今夜はあさりとオクラのペペロンチーノにしました。パスタが茹で上がるまでのあいだにイカの塩辛を食しました。うまうま! また新しいイカを仕入れてこなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/30

疲労困憊

人間ドック行ってきました。いやもう疲れました。検査ってなんであんなに疲れるんだろう。バリウムは普通の味でした。でも下剤ってよく利くんですね……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/29

明日のために

明日は人間ドックです。夕食は夜8時迄に済ませてください、と説明書にありましたので、さっさと食べてしまいました。でもお茶は8時以降飲んでいいのかな。と言いつつコーヒー飲んでますけど。例のものは冷蔵庫に保管……いいのかしら。まあ冷暗所だし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四ツ谷渋谷入谷雑司ケ谷!! 2

ちょっと不思議なテイストの漫画。

024619010000.jpg
四ツ谷渋谷入谷雑司ケ谷!!2/あとり硅子著・新書館(Wings comics)

四ツ谷渋谷入谷雑司ケ谷!!1が発売されたのが1999年12月で、4年半ほどの間があいていますが、元々が季刊雑誌に連載していたものですから、単行本化されるまでのんびり待っていたのでした。書店で2が出ているのを見つけて「やっと出たんだ~」と単純に喜んでいたのです。版元の新書館では「緊急発売!」となっていたのはちょっと気になったんですけどね。ところが……。28日発売のウィングスに訃報が載っていました。7月6日にご病気のため亡くなられたとのこと。愕然としました。この本が書店に並んだときにはもう……。病床で最後までこの本の作業をされていたことを知って悲しくてなりません。他の作品もほんわかとして味のあった素敵だったのにもう読めないなんて。心よりご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004/07/28

縁は異なもの粋なもの

今日のHALの投稿は百物語。こうさぎが語る怪談てなによ。
さて今日HALが紹介してくれたのはSLEEP THE CLOCK AROUNDさんの幻獣の記事。こちらの方も18日の幻獣展&トークショーにいらしてたんですね。もしかしたらすれ違っていたかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/27

うまうま

先日イカの塩辛作りました。
新鮮なイカのわたと塩と一味唐辛子と切ったイカをまぜまぜして、密封容器に入れて冷蔵庫で4、5日寝かせればできあがり。一日一回は掻き混ぜるとなおよし。
どうせ数日で食べてしまうのでてきとーです。
ほんとは昆布きざんだり日本酒入れたりともう少し手間をかけたかったのですが、残念ながら切らしていたので。
で、今日もイカ買ってきました。前回作った塩辛の残りも一緒に入れてまた冷蔵庫に。
今度はいつが食べ頃かな。たのしみたのしみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/26

すべってころんでさあたいへん

昨日は子ども会のバーベキューでした。さすがに他人様の子どもを預かっての遠出だったので疲れまくり。肉体的にも精神的にも。帰宅して風呂入ってビール飲んだらもういけません。9時過ぎには早々とふとんへ。ネットする気力もありませんでしたよ……。

さて今日は朝から雷ゴロゴロ土砂降りでした。洗濯物室内に干して病院へ。帰りはめいっぱい青空~。傘を日傘代わりにして帰ってきました。帰ってから洗濯物を外に干し直して、のんびりしていたら、なんと。突然の雨ですよ。慌てて取り込みにベランダ出たらサンダルが滑ってすってんころりん……。お尻打ちましたとも。結局洗濯物の半分は洗い直し……しくしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/23

逢魔が時物語

この季節書店に行くのが楽しくてなりません。

024591410000.jpg逢魔が時物語/結城伸夫・小学館文庫
1997年にスタートした怪談系メルマガ「逢魔が時物語」。その中から40編あまりを厳選して自費出版された「逢魔が時物語」を一部改編して文庫化。
実は私もこのメルマガの購読者。他にもいくつか怪談系メルマガは購読していますが、ここが一番質量共に豊富です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うわん

そういえばこうさぎの投稿が復活している。夏休みだったという説もありますがほんとはどうだったのでしょう(笑)。

おきにいりりんくにwann recordingsをこっそりと追加。前々からおっかけてるレーベルです。第三弾オムニバスアルバム「HIZAKURIGE」完成間近とのこと。楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/07/22

歌声ららら

恩師のリサイタルに行って来ました。楽しめた1時間半でした。
久しぶりに会った先生はずいぶんと頭が白くなっていて過ぎた年月を感じさせましたが、その声は昔と変わらず胸に響くものでありました。ほんとうに懐かしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/21

蝉がころころ

今日も暑かった。
アスファルトの照り返しがすごくで余計暑い。
暑さに負けた蝉があちこちでひっくり返ってた。
鳴く元気もなかったみたい。
でも夕方雨が降ったので少しは暑さが和らいだかな。
日中の暑さに較べたら涼しい~と思ってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/20

百物語 第三夜 実録怪談集

「超」怖い話Δを探しに行って見つけた逸品。

024604000000.jpg百物語 第三夜 実録怪談集/平谷美樹著・ハルキ・ホラー文庫
ついにこれも第三夜に突入。今回は怖い話ばかりではなく、不思議な話、都市伝説めいた話などを含め百話以上収録。よくぞ集めたという感じです。こちらは「あやかし通信」の大迫純一氏が解説を書かれています。自分としては大迫氏の「あやかし通信」の続編をぜひとも読みたいのですが、残念ながら本にするだけの話がないとのこと。惜しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「超」怖い話Δ

ようやっと買えました。
いつも行くY書店では「超」怖い話Α、Б、Γとあって、本一冊分の空きがあり、その横には「東京伝説」シリーズが……。つまりΔは品切れだったので、とりあえず「百物語 第三夜」を購入後、別のA書店へGO! そこでは山積みになってました。よかった。「百物語」は別項にて。

024617860000.jpg「超」怖い話Δ/平山夢明編著 加藤一編集共著・竹書房文庫
本格実話怪談本の定番中の定番ですね。42編収録。
この本を執筆中に事務所隣が火災になり原稿やフロッピーがダメになってしまったというエピソードが前書きで語られていますが、先月行なわれた”幽”創刊スペシャルイベント「第十四回怪談の怪」――怪談百物語会でもそんなことを話しらっしゃいました。とにかく原稿がダメになったのがすごく口惜しかったと。
夏になると怪談本が山のように出てきます。実話系、怪談物語系、都市伝説系などなど。実話系だと「超」怖い話、新耳袋、稲川などが有名ですが、同じ語り手が複数の著者に話を提供、もしくは話が伝わっていったりして、同じ話でも微妙に違っていたりします。そういう場合やっぱり初出のほうがよりリアルな感じがしますが、どうでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/19

本はたまるいっぽう

昨日の「幻獣トーク」会場で待っている間に「百器徒然袋―風」を読み終わりました。つぎは買って途中までしか読んでない日本初の怪談専門誌の「幽」に取りかかりたいと思います。そういえばまだ「超」怖い話Δを買っていないのでした。近くの書店では売ってなかったので、明日別のところへ探しに行くつもり。

来週バーベキューに行くのですが、お肉の手配のために自転車であちこちへ。二駅ほど走破しました。帰って飲んだ発泡酒は美味かった……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/18

幻獣トーク

行ってきました、トークショー。
川崎市市民ミュージアムの企画展「日本の幻獣-未確認生物出現録-」で行なわれた「幻獣トーク」です。
地元ということで自転車で行ったのですが、毎度のことながら何かあるわけで、今回はいつもと違う道を行こうと一本曲がるところを変えたわけです。まあちょろっと迷いました。ちゃんと着きましたけど、素直にいつもの道を行けばよかった。
時間はたっぷりあったので特別資料室(川崎の歴史)を見てから企画展へ。どんどん見ていって最後のほうで、なにやら人が固まっている。デジカメ撮ったりしてるのですよ。展示は撮影禁止なわけですから撮ってる人は関係者。で、ようく見れば中に和服の人がいる。髪の毛まだらです。なにやらずいぶんと楽しそうに展示を見ています。京極先生と小松先生のご一行でした。トークショー前に展示を見ていたわけですね。終わりのほうにはUMAの展示があったのですが、イッシーやツチノコ、ヒバゴンなどをご機嫌で見てらっしゃいました。
トークショーの内容はもちろん幻獣についてですが、司会の方を含めて三者三様の見解が面白かったです。2時過ぎから始まって3時半近くまで中身の濃いお話が聞けました。
ほんと楽しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/17

ついつい失念

今日も暑い一日でした。
あまり暑かったので本屋に行く予定をすっかり忘れていていました。
今日は「超」怖い話Δの発売日だったのに。
あしたトークショー行く前に買っていこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/16

健康第一

今日は付き添いで病院へ行って来ました。MRIでの撮影ですが、自分は待合室で待っていたのでどんなだったのかはわかりません。
今月末は人間ドック。体調を万全にしていかなければ。ちょっと違うか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/15

雷雨~

今日は特売だったのでいそいそとお買い物。
帰り道空を見上げるとなにやら雲行きがあやしい。
急いで帰って洗濯物取り込んで高校野球の県大会を見ていたら、
来ました来ました、雷が。もちろん土砂降りもご一緒に。
ついでに傘忘れたから迎えに来てコールも来ました。
迎えに行ったら晴れてきましたけどね。

近頃お気に入りのデザートはローソンの豆乳花。
黒蜜かけて食べるんですが、超美味。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/14

修理より買い換え

新潟の水害は大変なことに。

家族の革靴の修理を頼もうと見積もってもらったら、買った方が安い金額でした。
履きやすくて気に入っていたようですが、この金額じゃ二足買えちゃう……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/13

梅雨明け!

とうとう明けました。

今年の夏は暑いかしら。
昨年は散々でしたからねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/12

「弩」怖い話~螺旋怪談~

相変わらず暑いですが、まだ梅雨は明けてないんですよね。そろそろ明けるらしいですけど。

024260740000.jpg「弩」怖い話~螺旋怪談~/加藤一・竹書房文庫
本格実話怪談シリーズ「超」怖い話の姉妹編。11編収録。
本当にあった戦慄事件、恐怖の実体験を小説風に記した怪談、なのだそうです。
発行は2004年4月でちょっと前の本ですが、山積みの本の一番上にあったのでとりあえずこれを。
けっこう怖い話が揃っています。自分的には「深く潜る」が不気味。
個人的には脚色してある話より淡淡と書かれ(語られて)いる話の方が好みなので、次は元話を読んでみたいなあと思ったりして。
とりあえず個人的な感想でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/11

雷雨のつぎは投票

今日は朝から写生会のつきそい。
公園でこどもたちとお昼を食べていたら急に雷ゴロゴロです。
手早く片付けて帰ることにしたのですが結局降られてしまいました。
家に帰ってシャワー浴びて洗濯してたら日が差してきましたけど。

夕方家人と一緒に投票へ。
せっかくの選挙権、有効に使わないとね。
それにしても選挙前は煩いほど頼みに来るのに終わったとたんに誰も来ない(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/10

風な一日

今日は病院に行ったので待っている間に「風」を読んでいました。「五徳猫」の3/4くらいまでは読めましたが、残念ながら時間切れ。なかなか京極堂の蘊蓄は頭の中に入ってくれない。しかもメフィストで一度読んでいたのにすっかり内容を忘れていたりして(笑)。でも新鮮な気持ちで読めるからいいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/09

陶器市

今日も暑さが身に堪えます。

近所の陶器市で急須を買いました。一番安いのだけど、価格の半額だからなお安い。とりあえず買ったのは急須のみ。他は見てると欲しくなってしまうので、早々と帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/08

百器徒然袋―風

相変わらず暑いですね。梅雨はいったいどこ行っちゃったんでしょう。

024526190000.jpg百器徒然袋―風/京極夏彦著・講談社ノベルス

さて、京極先生の待望の新刊「百器徒然袋―風」を無事にゲットです。「五徳猫」「雲外鏡」「面霊気」の三編収録。「面霊気」はこの間メフィストに冒頭のみ掲載されたものに加筆されたものです。
書店でカバーを掛けて貰ったのですが、厚さはたいしてない――いや普通のノベルスに較べたら厚い方ですけど、今までの弁当箱本もしくは煉瓦本と云われる既刊よりは全然薄いです。栞は「暑気払唐傘栞」で、もちろん唐傘お化け。
とりあえず今夜お蒲団の中で読む予定。そのあとはメフィストと較べてみるのもいいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/07

洗濯ぐるぐる

今日は洗濯機の洗濯の日。洗浄剤をぶちこんでぐーるぐる。泡立ち最高。で、剥がれた汚れがうじゃうじゃ。すごいもんでした。たしか1ヶ月前に洗浄したはずなのに。洗浄剤が違うんでしょうか。一回じゃ汚れが流せずにもう一回標準コース運転。とりあえず綺麗になったからヨシ。

今日も試行錯誤中。他にやるべき事があるのについついココログいじくってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/06

真・恐怖の心霊写真

蒸し暑い夜に読むには怪談本がうってつけ。
嬉々としてページを繰りました。

024578320000.jpg真・恐怖の心霊写真/結城瞳・二見文庫
全部で83枚。ここまで揃うと壮観かな。もちろん「そうかなあ」というようなのもあり、「おお!」というものもあります。こちらは素人ですので、真偽のほどはわからないのですけど。写真一枚一枚に著者のコメントがついています。著者のサイト「神霊能」からの抜粋とのこと。
一番いやあな感じがしたのが「怖い目」というタイトルの写真。不気味な目ですよ。ほんと。
でもたくさん写真があったので満足満足。
ということで個人的感想でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やってきましたこの季節

今年の夏は暑い。暑い夏といえば怖い話。怖い話と言えば怪談。稲川淳二、新耳袋、超怖い話……etcetc。
書店に並び始めました怪談系の本! 夏はやっぱりこうでなくっちゃ。いや春でも秋でも冬でもオッケーなんですが、まあ世間一般的には怪談は夏ということになってるので、供給もたくさんなわけですね。
買いました、買いましたとも! 昨日は2冊ゲット!
うれしさのあまりついつい!マーク多用になってしまいます。
読書感想はとりあえず夜にでも。

何とはなしに「Blog People」に登録してみました。全然使い方も設定方法もイマイチわかってないので、ほんと登録してみただけ(笑)。それにしてもこうさぎとかのリンク集とかあったらいいな。探してみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/05

なんとなくいい気分

毎週月曜日がHALの投稿日のようです。今日の投稿はいったい(笑)。四行のうち下三行はわかるけど、一行目はいったいなんだ? バするっていったい? ここに投稿した内容が反映されるわけですけど、どんなふうにプログラムされてるのかしら。ますますHALが可愛い。

今月市民ミュージアムで行なわれる「幻獣トーク」当選の葉書が届きました。まさか当たるとは思ってなかったのでびっくり。さっそく予定に入れておかなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/04

洗濯物

いい天気で張り切って洗濯をしたのですが、今の今まですっかり取り込むのを忘れていました。外は湿気のある風が吹いていて洗濯物も微妙にしっとり……。乾いてはいるんですけど、どことな~く。買い物に出かけるまでは、帰ってきたら取り込まなくちゃと思っていたのに、すっかり忘れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/03

何もない一日

今日の夕食はハヤシライス。美味しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/02

日本人形は可愛いけどちょっと怖い

今回も性懲りなく怪奇系借りてきました。とりあえず以下は個人的な感想です。
まずは「怨念地図全国版2」。淡淡と全国の心霊スポットを紹介しています。ここではあんな事件があった、こんな体験をした人がいる、過去に事件事故戦災などなど……。映像とナレーションだけなので、下手な再現入れるよりいいです。
「ほんとにあった呪いのビデオspecial5」。むむっというような映像とこりゃつくりだろうというような映像が半々くらい? とりあえずラストの人形は怖かった。それにしてもスタッフルームでの映像になにかが映っているように見えたんですが。なにもコメントなかったけど気のせいかな。それとも次の6で「実は視聴者から~~」なんてやるのかしら。
ところでうちにも日本人形が2体あります。子どもが小さい頃に遊んで(髪の毛ゴムで結んだり、着物着せ替えしたり)、ちょっとほっぺたくすんじゃってますけど。犬のぬいぐるみといっしょに飾ってあるので、まあ歩いたりはしないでしょう(笑)。
とりあえず個人的な感想ということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/01

なぜなぜなあに

夢を見た。どこかのスーパーだかで、なぜか後ろに子供用のカゴをつけた自転車を引いて、マジックショーを見ようとしている自分。気がつくと実家近くの道を歩いていて、前方を見るとなぜか大爆発。ちょうど火山の噴火のような感じ。慌てて回れ右。一緒に逃げている人にもうすぐ大風(たぶん爆風)が来るから気をつけろと言っているそばから砂嵐――夢だから脈絡がないのが当たり前なのだけど、どうしてこんな夢を見たんだか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »