« ちょっと改善 | トップページ | 今日も病院~ »

2005/01/28

有栖川有栖の密室大図鑑

外出するときにはたいてい本を持っていきます。
だいたい軽く読めるものが中心。推理小説とか、夏は怪談本とか。
今回は「有栖川有栖の密室大図鑑」新潮文庫版です。
ネタバレはないので安心です。
すでに何度か読んでいるけれど、読み返すたびにすっかり忘れていたりする(笑)。

有栖川有栖の密室大図鑑(新潮文庫)
有栖川有栖著・磯田和一著

出版社 新潮社
発売日 2003.02
価格  ¥ 580(¥ 552)
ISBN  4101204322
「密室」とは、不可能犯罪を可能にするための、想像力の冒険である――。1841年に『モルグ街の殺人』が発表されて以来、作家と読者の双方を魅了し続けてきた東西の「密室」ミステリから、カー、クイーン、乱歩、安吾、鮎川哲也など、歴史的なトリックを凝らした40編... [bk1の内容紹介]

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1

|

« ちょっと改善 | トップページ | 今日も病院~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37436/2726714

この記事へのトラックバック一覧です: 有栖川有栖の密室大図鑑:

« ちょっと改善 | トップページ | 今日も病院~ »