2004/12/28

小話をいくつか

稲川さんの冬の怪談も今日で終わりですねえ。
最後ということでまたショボイ話をいくつか。たぶんどれもこれもありがちな話です。

○声
小さい頃遠縁のおばあちゃんと一緒に暮らしていました。でも高校生ぐらいのときにはボケてしまって家は大変なことになり、結局ホームに入りました。結婚して家を出て数年後、体調を崩して横になっていたとき、金縛りにあいました。そのとき頭の上を声が通りすぎていったのです。『この子はまたこんなとこで寝て……』「あ、おばあちゃんだ」と思いました。小さい頃寝転がって本を読んでいる自分によく言っていた言葉だからです。ただこのときはまだ存命だったので不思議な気がしました。

○こっくりさん
小中学生の頃流行りました。学校でも家でもなんどかやりました。中学生のとき、放課後教室で級友たちがこっくりさんをやっていたのを、私は見物していました。そのうち十円玉が勝手に動いて呪うだの死ぬだのと指し始めました。呪われないためにはどうしたらいいかという質問に「被服室へ行け」と出ました。私は行きたくなかったので自分はどうしたらいいかと訊くと「おまえは行くと呪われる」と出ました。私はこれ幸いと帰宅してしまったのですが、級友たちは怖がりながら被服室へ行ったようです。その後何事もなかったようですが、これを機にこっくりさんは誰もやらなくなってしまいました。

○金縛り
一番よくあったのは十代後半から二十代前半の頃。精神的に不安定な時期でもあったようです。自分のは、なにかがのしかかってくる感じで首を絞められるのです。ぎゅうぎゅうと。「このやろ」と気合いで解いていました。結婚してからは数回あった程度で、落ち着いたのかなあと思います。

○闇と嵐
数年前友人たちと箱根へ旅行しました。近年まれに見る暴風雨に見舞われた旅行でしたが、小田原城に行ったり二宮神社へお参りしたりして、それなりに楽しく過ごしました。夜は電気を消してろうそくのみの怪談会。時間が経つうちにふと気づけば部屋の隅が妙に暗いのです。同行のAさんがいうには「来てる」とのこと。
 「変なもの。こんな話をしているから」 
なるほど、怪を語れば怪至る。それからしばらくして怪談会はお開きになりました。

翌日は大嵐。それでも一行は目的の箱根神社へ。箱根登山鉄道~早雲山ケーブルカー~箱根ロープウェイで桃源台まで出て箱根観光船に乗り元箱根へというコース。しかし大涌谷まで行ったところで暴風のためロープウェイは運休。やむを得ずバスで下に降りるもこの時点で予定はめちゃくちゃ、フリーパスを使える遊覧船に何とか乗り箱根町に。
暴風雨の中徒歩で箱根神社を目指します。30分後箱根神社に到着!

鳥居を潜った瞬間雨が小やみに――。
そして柏手を打った瞬間突風が吹く。

お参りを済ませてバス停まで歩きましたが、みるみるうちに天候が回復していくのです。暴風雨が嘘のよう。バス停に着いた頃にはすっかり雨もやみ、出発間際のバスに間に合ったのでした。
神社に行ってからはすっかり調子を取り戻した一同。何かが箱根神社に行かせまいとしたのじゃないか、とみなで語りあいました。
それはたぶん、夜のアレじゃないかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/21

真冬の怪談物語にトラックバックされているお話はけっこうきます。その中に自分の話をトラックバックさせるなんてなんて無謀だなあと思いつつ今夜も(笑)。

まだ実家にいた頃の話。
私の部屋は一階にあり、四畳半の和室を使っていました。
部屋の隅にこどもの頃から使っている机を置き、その右横にスチールの本棚を置いてありました。
ある夜のこと。寝るために電気を消し、布団に潜り込みました。
ところがその日はなかなか寝付かれず、寝返りばかり打っていました。
やがて暗闇に目が慣れてきて机、本棚や椅子、洋服ダンスなどが薄ぼんやりと見えてきました。
なんとはなしにそれらを眺めていると――ふっと目の前を横切った影があります。

蒼い、蒼い人影でした。
それが本棚の陰へと消えていったのです。

ぎょっとして頭から布団を被ってしまいました。
心臟はドキドキバクバク……。
落ち着いた頃、布団からそっと覗いてみましたが、なにもありませんでした。
その不思議な影を見たのは一度きりですが、あのときの驚きは今も忘れられません。

それにしてもあれは……単なる通りすがりだったんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/20

ドア

勤めていた頃当時の同僚のSさんから聞いた話。

Sさんが大学生だったときの先輩Aさんはよく体験する人だった。
あるときAさんはトイレに入った。用足しを終えいざ出ようとしたら……。

四方が壁だった。

どこをどう見ても壁。ドアがない。
しばらく呆然としていたAさんだったが、一度目を瞑り呼吸を整えてから目を開けると目の前にドアがあった。

この話を聞いてからしばらくの間トイレのドアが気になったのはいうまでもない。
小話程度ですが、真冬の怪談物語にトラックバックしておきます(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/19

ココログで「ブロぐる場合ですよ!!」という新しい企画ができました。それに「トラバる場合ですよ!!」というのがあって今は稲川淳二氏が怪談話を募集しています。
怪談を読むのは大好き。話を聞くのも大好き。ビデオが出ようものなら真っ先に借ります(笑)。でも体験するのはイヤ。なんて我が儘。
まあ今まで山ほど怪談本を集めてきたけど変なことはあまりなかったからこれからもだいじょうぶでしょう。
で、無謀にもトラバってみようかと。

数少ないできごとのひとつは、トイレで壁を叩かれたこと。

実家にいた頃のことです。
夜中、用足し中にいきなりドンドンドン!
突然のことに「ひええええ」と飛び上がりました。
叩かれたのは左の壁。右は廊下で左は風呂場です。風呂場側の壁を何者かが叩いている!? 
おそるおそるドアを開けてみましたが、風呂場の電気はもちろん消えていてまっくら。シンと静まりかえっています。
下水管の音かもと思ったのですが、はっきりと壁を叩いていた音でした。いったいなんだったのか未だに不明です。
音はその一回だけでしたが、しばらくの間トイレに入るときは緊張しました。

こうして書いてみると全然怖くないし、たいした話でもない(笑)。
当時はものすごく怖かったのに。「神様仏様いい子にしますから助けてください」と拝んだくらい。困ったときの神頼み?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/26

最悪

どうやらPCが壊れた模様……(泣
現在別ので入ってますがデータが……

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/08/10

見る順番を逆にすればよかった

久々にDVDをレンタルしてきました。以下は個人的な感想です(こればっかり)。

まずは「怪奇!アンビリーバブル あなたの知らない世界」。
投稿された心霊写真の紹介とそれに潜む真実に迫るシリーズ。引越し祝いの夜、いるはずのない女の影が写真に写っている「鏡の中」他、全3編を収録。
紹介されている心霊写真は数があってそれなりに楽しめました。おお、というような写真もあったし。自分的には満足。

つぎは「心霊美少女(アイドル) 降臨 TV放送禁止シリ-ズ」。
「あいざわみり」という霊感のあるグラビアアイドルが心霊スポットを廻るというもの。
えーと、タイトルから怪しい。借りようか借りまいかものすごく迷ったのです。でももしかしたら案外掘り出し物かも、と借りたのですが。――途中で寝ました。2回チャレンジして2回とも。ただただアイドルが「ここいますね」「話しかけてきました」「暗いですよ」うんぬんと言いながら、ときどきデジカメ撮ってる映像が続いていくだけです。途中アイドルが頼りにしている霊能者の話が出てきたりしますが、基本的にアイドルの心霊スポットめぐりです。何が出てくるわけでもなし、ただただアイドルがおしゃべりしてるんです。つまりプロモーションビデオですな。そういえば撮った写真にはなにか写ってたのかしら。けっこう撮ってたようだけど。
マジで金返して、とほんと切実に思ったDVDでございました。くどいようですがあくまでも個人的感想ですのであしからず。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004/07/31

闇に浮かぶ白い影

ココログのトラックバック野郎の新しいお題が「ヒヤッと涼しくなる話」だそうで。夏らしくていいお題です。
自分の数少ない思い出の中からひとつ。お題に沿った話かどうかはわかりませんけど。しかもタイトルにいつわりありですよ。

独身時代でまだ実家にいたころの話。実家のつくりは二階にリビング、両親の部屋などがあり、1階に私の部屋がありました。
ある夜のこと、就寝するために階段を降りかけていたところ、明かりとりの窓に白いものが見えました。それはなにか布のようなひらひらとした感じで、あえて言えばシーツに近いものでした。それはふわりと窓に張り付きそしてまた見えなくなりました。そのときの私は隣家の洗濯物でも風に煽られたのだろうと思って気にもとめなかったのですが……。
翌日弟の部屋(2階、階段脇にある)に用がありついでに窓の外を覗いたのです。そこには物干しもなにもなくてただ隣家の壁があるだけでした。じゃああの白いものはなんだったの――? まさか経帷子の白い袖とか……ああ怖い。などとあれやこれや考えて行き着いたのは……一反木綿。幽霊より一反木綿のほうが全然怖くないじゃん! などとわけのわからない理屈で納得したのでした。いや妖怪だって十分怖いと思うのですけどね。
でもほんとのところあれはなんだったのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/23

逢魔が時物語

この季節書店に行くのが楽しくてなりません。

024591410000.jpg逢魔が時物語/結城伸夫・小学館文庫
1997年にスタートした怪談系メルマガ「逢魔が時物語」。その中から40編あまりを厳選して自費出版された「逢魔が時物語」を一部改編して文庫化。
実は私もこのメルマガの購読者。他にもいくつか怪談系メルマガは購読していますが、ここが一番質量共に豊富です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/20

百物語 第三夜 実録怪談集

「超」怖い話Δを探しに行って見つけた逸品。

024604000000.jpg百物語 第三夜 実録怪談集/平谷美樹著・ハルキ・ホラー文庫
ついにこれも第三夜に突入。今回は怖い話ばかりではなく、不思議な話、都市伝説めいた話などを含め百話以上収録。よくぞ集めたという感じです。こちらは「あやかし通信」の大迫純一氏が解説を書かれています。自分としては大迫氏の「あやかし通信」の続編をぜひとも読みたいのですが、残念ながら本にするだけの話がないとのこと。惜しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「超」怖い話Δ

ようやっと買えました。
いつも行くY書店では「超」怖い話Α、Б、Γとあって、本一冊分の空きがあり、その横には「東京伝説」シリーズが……。つまりΔは品切れだったので、とりあえず「百物語 第三夜」を購入後、別のA書店へGO! そこでは山積みになってました。よかった。「百物語」は別項にて。

024617860000.jpg「超」怖い話Δ/平山夢明編著 加藤一編集共著・竹書房文庫
本格実話怪談本の定番中の定番ですね。42編収録。
この本を執筆中に事務所隣が火災になり原稿やフロッピーがダメになってしまったというエピソードが前書きで語られていますが、先月行なわれた”幽”創刊スペシャルイベント「第十四回怪談の怪」――怪談百物語会でもそんなことを話しらっしゃいました。とにかく原稿がダメになったのがすごく口惜しかったと。
夏になると怪談本が山のように出てきます。実話系、怪談物語系、都市伝説系などなど。実話系だと「超」怖い話、新耳袋、稲川などが有名ですが、同じ語り手が複数の著者に話を提供、もしくは話が伝わっていったりして、同じ話でも微妙に違っていたりします。そういう場合やっぱり初出のほうがよりリアルな感じがしますが、どうでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)